読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームのある風景。

へなちょこゲーマーによるゲームのレビュー、攻略情報、新作速報などを(できるだけ)毎日更新。PS4、PSVITA、3DS、Android、レトロゲームなどをノンジャンルでお届けします。

【ソード・ワールド2.0リプレイ】強欲商人は冒険者に頼りがち(4)

TRPG リプレイ ソード・ワールド

  

ソード・ワールド2.0リプレイ』の第四回でござい。

 

前回までのあらすじはこちらでおます。

 

gameah.hatenadiary.jp

 

前回はドワーフ-戦士系の「ケン」(謙太)、グラスランナー-軽戦士の「イケア」(いけちゃん)の二人を作りました。

続いては……

 

「はい、じゃああたしね」

 

魔法をバンバン使いまくりたい、というともちゃん。

謙太との結婚生活に不満でもあるんだろうか?(笑)

いや、見るからに謙太のほうが不(以下略)。

 

ま、それはともかく。

ともちゃんのキャラ作成です。

 

魔法使い系ということで、安定の「エルフ」でいくことにします。

「細身でシュッとした顔立ち」というと、ともちゃんは喜んで即決してくれました。(笑)

 

「エルフ」の「魔法使い」は、技:10、体:3、心:13という、魔法や弓使いに長けた種族です。

他にも、「暗視」(暗いところでも見通せる)などの特徴を最初から持ち合わせています。

 

そして、ダイスを振って決まった最終的な値がこちら。

 

器用度:17

敏捷度:21

筋力:8

生命力:8

知力:17

精神力:21

 

おお、誰かさんのグラスランナーより器用度が高いぞ。(笑)

ただ、デカいの一発喰らったら即死しそうだね。

やはり基本は後衛ですな。

 

技能は「ソーサラー」を2レベル(2000点)、「セージ」と「アルケミスト」を各1レベル(各500点)取得し、経験点をきれいさっぱり使い切りました。気持ちいいくらい何もない。

 だけど、仕上がりは”THE 魔法使い”って感じでかっこいいです。

 

名前は「トーモ」に決まりました。

お前ら、名前ちょっとは考えて来いよ。

 

さ、最後は才女マキ。

癒しの術を使うプリーストがご希望だそう。

 

「よくわかんないけど、やっぱり人間がいい」

 

ということで、「人間」の「神官生まれ」に決定。

(お、そういえば初の「人間」だね)

初期値は技:4、体:8、心:9です。

 

「えいっ」

 

気合とともに振ったダイスはなかなかの値が続出。

 

器用度:13

敏捷度:9

筋力:15

生命力:15

知力:18

精神力:19

 

「人間」はオール2D6だから、けっこうな高ステータスになりました。

 

さて、プリーストは”技能”選びが肝心。

「前線は避けたい」というマキだけど、このメンバーだと否応なく前に立たなくちゃいけないかもしれない。

そうなると、”技能”選びにも影響が出てきます。

 

「しょうがないなあ。じゃ、補助的に戦うよ」

「すまんね。そのほうがパーティの戦闘力が上がるのだよ」

「なら、できるだけ機動戦にしたいから、身軽なほうがいいかな」

 

ということで、「プリースト」技能を1レベル(1000点)に加え、「グラップラー」1レベル(1000点)、さらに「プリースト」を1レベル追加(1000点)して合計2レベルに。残った経験点はゼロ。

ちなみに、「グラップラー」とはパンチやキック、投げ技などで戦う格闘戦士のことです。

敵モンスターをボコボコにする神官とは……なかなかシュールでよろしい。

信仰する神は「太陽神ティダン」、名前は「マキ」に決定。(だからひねれよ)

 

……うーむ、当初の予定とだいぶ違うな。

ま、いっか。

 

さてさて。

これでPCは出そろったワケで。

 

これからは、楽しいお買い物タイム!

それぞれに所持金を与え、装備品などを購入してもらいます。

彼らにとって、実質的に初のTRPG体験です。

 

GM:(少ししわがれ声で)はいよ、何にするね。

ケン:え、もう始まってるの?

GM:そりゃそうだよ。買い物も楽しい交渉さっ。

ケン:よし。剣が欲しいんだ、親父。

GM:あんたら、冒険者かい? 命は惜しむんだぜ。これなんかどうだ、と短めの片手剣を渡してくる。いわゆるショート・ソードだね。

ケン:親父、なめてもらっちゃ困るぜ。もっとデカいのをくれよ。

GM:(お、いいね)言うじゃねえか、坊主。なら、こいつはどうだい、とずっしり重い両手剣を渡してくる

ケン:おお、これはいいな。親父、これもらうぞ。

 

こんな調子で、戦士たるケンは次々に武装を揃えていく。

 

武器:ロングソード(威力23)*両手持ち前提

鎧:スプリントアーマー(回避修正0、防護5)

盾:なし

 

うん、潔い。

スプリントアーマーは、スペックじゃなくて言葉の響きだけで選んでるからな。(笑)

さすがは遊びの達人。

 

他のみんなはこんな感じ。

 

イケア(軽戦士 兼 盗賊)

武器:ジャベリン(威力10)

鎧:ソフトレザー(回避修正0、防護3)

盾:バックラー(回避修正1、防護0)

 

トーモ(魔術師)

武器:メイジスタッフ(威力11)

鎧:クロースアーマー(回避修正0、防護2)

盾:なし

 

マキチャ(神官 兼 前衛補助)

武器:セスタス(威力1)+スパイクブーツ(威力11)

鎧:ハードレザー(回避修正0、防護4)

盾:なし

 

 全体的に軽装のパーティとなりました。

身軽なのはいいけれど、どうなることやら。

 

GM:そんな君たちは、酒場でワイワイやっているところだよ。

ケン:俺はビール飲んでる。

GM:この時代はエールという飲み物が一般的だよ。

ケン:じゃあ、それで。

トーモ:昼から飲んだくれてるなんていいご身分ね。

ケン: 死地と隣り合わせの冒険者なんざ、酒だけが癒しなのさ。

マキ:レベル1でよく言うよ。

 

そんな軽口を叩いてるパーティのテーブルに、ゆっくりと近づいてくる人影が。

彼が、この後のパーティに訪れる悲劇の始まりを告げるのだった……

 

……(5)へ続く。

けっこうロングランだね。(笑)

 

魅力あふれるキャラクター!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

要塞少女と契約の騎士(下) [ 黒井龍 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)

 

 

【ソード・ワールド2.0リプレイ】強欲商人は冒険者に頼りがち(3)

TRPG ソード・ワールド リプレイ

 ”ファンブル”という名の魔物 

ソード・ワールド2.0リプレイ』の第三回でございます。

 

前回までのあらすじはこちらをどうぞ。

 

gameah.hatenadiary.jp

 

それでは、いよいよキャラメイクのお時間です。

 まずは、戦士系ご希望の謙太から。

 

前線で戦うことを想定し、種族は体力に富むドワーフを選択。

「もちろん戦士生まれで!」

 

はいはい、了解。

 ドワーフの戦士は、技:4、体:11、心:5という極端なキャラクター。

そのぶん、初心者には扱いやすく人気があります。

だって、前に前に出ていけばいいんだから。(笑)

 

その後、それぞれダイスを振って決まった数値は以下の通り。

 

器用度:17

敏捷度:8

筋力:23

生命力:16

知力:9

精神力:19

 

……うん、ドワーフっぽい。

思ってたほどアホにならんかったし、筋力バカだし、言うことなし。(笑)

謙太も満足そうにうんうん頷いてる。

 

そして、技能の決定。

冒険者(プレイヤー)は、それぞれ”技能”を持つことになります。

この技能レベルが高いほど、その技能に習熟していることを表します。

 

ドワーフ」の「戦士生まれ」は、初期技能として「戦士」を1レベル持っています。

ということで、謙太のドワーフ君は「戦士」レベルを1とし、3000点ある経験点から1000点差し引かれ、残りが2000点となりました。

(注)初期技能は”無料”でもらえるというローカルルールもありますが、ここでは一般的な慣習に準じます。

 

残る2000点で他の技能(セージなど)を取得することも可能ですが、謙太はあくまで戦いたいということで、「戦士」レベルをもうひとつ上げ、2にします。

経験点をさらに1000点消費し、残りが1000点になりました。

 

まだ他の技能を取得することも可能ですが、さらに「戦士」レベルを上げたいので(1500点必要)、ここはグッと我慢。

のこり1000点を温存しておきます。

 

こんな感じでキャラクターを作っていくんですね。

 

あ、そうそう!

名前も付けましょうね。

 

「何がいいかなあ……思いつかないから『ケンタ』でいいや」

「ひねりがないなあ」

「じゃ、『ケン』で」

「一回ひねって戻ってきてるよ、それ」

 

などとつまらぬ話をしているうち、いけちゃんに「私も作りたい!」とせがまれ始めた。

じゃ、お買い物はあとでみんなでまとめて、と。

 

よし、ではいけちゃんの番。

確か、盗んで戦う”ルパン”希望だっけ。

ということは、やっぱグラスランナーかな?

 

「それ何?」

「んーと、ロードオブ○リングのイライジャ・ウッドがやってたようなやつ」

「あ、じゃあそれ」

 

即決かい。

戦闘面も考慮して、ここは「盗っ人」ではなく「軽戦士」でいきます。

 

グラスランナーの軽戦士は、技:13、体:1、心:11.

致命的なダメージは与えられないが、手数を稼いで削っていくイメージの戦い方が似合う。

 

そして、いざ能力値を決める段階で、

 

「緊張する~」

 

と言いながら、振った2個のダイスは……「1」「1」。

 

合計が「2」。

いわゆるピンゾロ。

 

「ええ~~!?」

驚く冒険者ご一行様。

 

「まじか、いけちゃん!」

「確率は1/6と1/6だから……1/36」

「え! 3%以下なの!?」

 

やたら暗算の早い高学歴のマキ。(笑)

 

ちなみに、TRPGでは一般的に”最も出にくい数字”で失敗することを【ファンブル】といい、「絶対的な失敗」を指します。

行為判定などの際にファンブルすると、通常の失敗よりも大きな失敗が待っています。

(例:足音を立てずに歩く行為判定でファンブルすると、足音を立てるだけでなく石に躓いて転んで大きな声をあげてしまうとか)

この『ソード・ワールド2.0』では主に「1」「1」のピンゾロがそれにあたります。

 

「あちゃ~……やってもうた」

脱力するいけちゃん。

人生初のTRPGで最初に振った2D6がピンゾロとは…

 

ある意味、持ってるな。(笑)

 

「はいはい、じゃあ今回だけオマケでもう一回振っていいよ」

 

心優しきGMの筆者は、項垂れるいけちゃんに温情裁定を下したのでした。

途端に笑顔になり、喜びの舞(らしきもの)を披露してくださるアラサー女子。

 

そして念を込め……2D6をコロコロ。

出た目は、「1」「2」。

合計「3」。

 

「変わらへんがな!」

 

みんなで口々にツッコんでしまった。(笑)

結果、ご覧の通り。

 

器用度:15

敏捷度:21

筋力:4

生命力:15

知力:15

精神力:22

 

経験点は、「フェンサー」を2レベル(1500点)、「スカウト」と「レンジャー」をそれぞれ1レベル(各500点)取得。

名前は「イケア」に決まりました。(安直)

 

圧倒的に不器用なグラスランナーの出来上がりです。(笑)

苦労しそうだけど、遊びがいのあるキャラクターですね。

 

さあ、残る二人は魔術師系のともちゃんと、回復系のマキです。

 

……なんか嫌な予感が。(笑)

 

 

……(4)へ続く。

 

ろけんろー!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Rock’n Role(1) [ ユウリ・クロサキ・ベーテ ]
価格:712円(税込、送料無料) (2017/3/18時点)

 

 

【ソード・ワールド2.0リプレイ】強欲商人は冒険者に頼りがち(2)

TRPG ソード・ワールド リプレイ

 あなたは強さを求める派? こだわりを追及する派?

ソード・ワールド2.0リプレイ』の第二回です。

ってか、まだリプレイにもなってないような。(笑)

 

前回までの様子はこちらをご覧くださいまし。

 

gameah.hatenadiary.jp

 

 さて。

机もセッティングし、各々が持ち寄った筆記具も整ったところで。

いよいよPC(プレイヤーキャラクター)の作成です。

 

繰り返しになりますが、TRPGは「GMゲームマスターとプレイヤーが協力して物語を紡いでいくゲーム」。

つまり、PCをどう”仕込んでおくか”が重要になります。

 

ソード・ワールド2.0』の場合、ファイター(戦士)やソーサラー(魔術師)など、ファンタジー世界でおなじみの職業(クラス)に就くことができます。

その中でも、キャラクターの味付け(性格設定)でプレイ感はガラッと変わってきます。

 

例えば、勇猛果敢なファイターだけど虫に弱い(=虫系モンスターが苦手)とか、敬虔なプリースト(神官)だけど女好きとか、天才的な魔術師だけど偏屈で世間知らずとか。

そういう”味付け”にすると、能力以上に人間臭さが出るので、プレイしていて楽しいんじゃないかな。

困難は増えるだろうけど。(笑)

 

GMである筆者(蘭丸)は、各人にシートを一枚ずつ配布した。

  

蘭丸:はい、配るよ~。

謙太:おっ、なになに?

 

この日のためにExcelで作った”PCシート”である。

 

謙太:おお、けっこう本格的だね。

いけ:すごいすごい! これ、蘭丸が作ったの?

とも:へ~、なんか雰囲気出るね。こういうのがあると。

 

口々に感想をくださる冒険者ご一行様。

否応にも初TRPGに対する期待感が膨れ上がってしまいます。

 

さてさて。

それでは、いよいよキャラクターメイキングのお時間です。

各々、作りたいキャラクターをおぼろげながら考えてもらいました。

 

謙太:やっぱりこうバーッと戦いたいね。みんなを守る役目というか。

 

ふむふむ、謙太は肉弾戦を希望ね。

他が女の子ばかりだから、俺がやらなきゃ! とか思ってるんだろうか。

性格的にはセージ(学者・知識人)系かと思ったけど。

 

とも:私は魔法でバンバンやっつけたいわ!

 

ともちゃんはソーサラー(魔法使い)系ね。

ストレス溜まってるんだろうか。(笑)

 

いけ:わたしは戦うか、盗むかしたい。(笑)

 

おぉ、いけちゃんはルパン志望か。(笑)

場合によってはシーフだけでなくレンジャーも似合うかも。

 

マキ:私は何でもいいよー。あ、でも前で戦うのは避けたいかな。

 

ふむ、マキはやっぱり回復系かな。

マーファ(慈愛の神)のプリースト(神官)なんかぴったりだ。

意外にカギを握るのはマキかもな。

 

などなど、GMとしていろいろ考えを巡らせながらキャラメイク開始です。

 

ソード・ワールド2.0』では、キャラクターの能力値をダイス(サイコロ)を使って決めます。

例えば、「2D」とされていたら「ダイスを2個ふった合計値」を指します。

そうやって能力値を決めていくんですね。

 

んで、『ソード・ワールド2.0』はもうひとひねり加えてて。

実は本作、種族や生まれによって、基本となる”心・技・体”という数値が決まっているのです。(一部除く)

そこに、ダイスで決めた能力値を加算していくんですね。

 

例えば、「ドワーフ」の「戦士」生まれはこんな感じ。

 

技:4

体:11

心:5

 

これを、下記のダイスで決まった値に加算します。

 

器用度:14+技:4=修正後の器用度:18(ボーナス+3)

敏捷度:2+技:4=修正後の器用度:6(ボーナス+1)

筋力:6+体:11=修正後の器用度:17(ボーナス+2)

生命力:6+体:11=修正後の器用度:17(ボーナス+2)

知力:2+心:5=修正後の器用度:7(ボーナス+1)

精神力:13+体:5=修正後の器用度:18(ボーナス+3)

 

となります。

 

つまり、この例のキャラクターでいえば、

「手先も器用で腕力も強いけど少々アホ」

という感じです。

(人間の各平均値は14)

 

さらにいえば、このダイスが実は種族によって数が違うんです。

 

問えば、人間の器用度は2D(2個のダイスの合計値)です。

ですが、ドワーフ器用度は2D+6(2個のダイスの合計値+6)なのです。

これは、生来が彫物細工など小手先の技が得意なドワーフの気質を現した”修正”です。

(その代わり、知力が1D(ダイス1個)ですが(笑))

 

こんなふうに、キャラメイクひとつとっても我々を楽しませてくれる『ソード・ワールド2.0』ですが……

 

そのキャラメイクで、あの人がやらかしてしまいました。

まさかまさかの、”あること”を……

 

 

……(3)へ続く。

 

秋田みやびさんのリプレイにハズレなし!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新米女神の勇者たち(1) [ 秋田みやび ]
価格:626円(税込、送料無料) (2017/3/12時点)

 

 

【ソード・ワールド2.0リプレイ】強欲商人は冒険者に頼りがち(1)

TRPG リプレイ ソード・ワールド

 集まったメンバーは、まさかの……

いつもお読みくださり、ありがとうございます。(ぺこり)

 

さて。

今回は、少々趣向を変えてみたいと思います。

 

何をやるかと申しますと、

ずばり「TRPGテーブルトークRPG)リプレイ」でございます!

パチパチパチ(拍手)

 

……いや、手抜きじゃないッスよ。(笑)

 

ほら、いつもレビューばっかでしょ?

たまには気分転換というか、息抜き的な感じで。

そうそう、手抜きじゃなくて息抜きです。

 

言い訳が済んだところで(笑)、さっそくまいりましょっ!

 

*****

 

時は秋。

紅葉が少しずつ色づき始めた日曜の昼下がり、文化公園の会議室には数名の男女が集っていた。

みんなわいのわいの言いながら、少し気分が高揚しているのが分かる。

 

「ずっとやってみたかったんだよね、TRPG

コートをハンガーにかけながら、いけちゃん(30代女子)は言った。

彼女とは、とあるサークルで知り合った。

少しずつ話すうちに”若干のヲタク臭”を感じた筆者(蘭丸)が、TRPGやってみない? と声とかけて、彼女がふたつ返事で快諾してくれたことがきょう開催するきっかけとなったのである。

 

いけ:初めてだけど……うまくできるかな。

蘭丸:大丈夫だよ。ちゃんとリードするから。

 

会話だけ聞くと男と女のアレっぽいけど、TRPGのハナシです。(笑)

 

「ウチらも初めてだし、よろしく頼むね」

 

そう話すのは、謙太(30代男子)。

今日は奥さんのともちゃん(30代女子)も一緒に参加してくれている。もちろん初心者だ。

 

とも:あたし、何するかもわかってないよ。

謙太:まあ、俺が何となくわかるから任せなさい。

 

謙太はとにかく遊びの達人。スキーやスノボのアウトドアから『モンハン』まで、あらゆる遊びに精通している。

しかし、そんな謙太もTRPGは初体験。今日のお誘いをしてみると少々喰い気味に「行く!」と応えてくれた。

 

謙太:確か『ソード・ワールド2.0』って言ってたよね?

蘭丸:そうそう、よく覚えてたな。

謙太:うん、今日のためにちゃっかり買っちゃったよ。

 

そう言うと、カバンからソード・ワールド2.0』ルールブックを取り出した。

どうやら事前に”予習”してきたらしい。

謙太が遊びの達人といわれる所以だ。

 

「謙太くん、すごい!さすがだね~」

 

感嘆の声をあげたのはマキ(30代女子)。少々人見知り、かつ国立大学出身の才女だ。

今日のお誘いを、いくぶん逡巡しながらも 受け入れてくれたのは、TRPGという未知のものが彼女の知的好奇心を刺激したのだろう。

 

そんな男子1人+女子3人という、TRPG経験者からすればかなり羨ましい華のあるパーティ。何を隠そう、オール初心者である。

 

そんなどっちに行くかわからん一行の旅を仕切るのは、わたくし忍蘭丸。

TRPGGMゲームマスター=ゲームの進行を司るストーリーテラーのようなもの)経験は長く、10代のころからプレイヤーよりも圧倒的にGMばかりやっておりました。

 

ただ……今回、プレイは数年ぶり。(笑)

前回TRPGを遊んだのははるか昔のことです。

 

全員初心者のパーティと、数年のブランクが響くGM

さらに、今回はオリジナルシナリオときてます。

 

何か起こらないほうがおかしいでしょ、これ。(笑)

 

……(2)へ続く。

 

正統派のリプレイはこちらをどうぞ。


 

 

【レビュー】今日だからこそ。『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!』(3DS)

ボードゲーム 対戦 ローカルプレイ(4人まで)

 たちあがれ! その言葉に込められた思いとは。

桃太郎電鉄シリーズディレクターさくまあきらさんが、

「もう桃鉄を作らないかも」

みたいな意味深なことをおっしゃってた時期がありました。

 

開発メーカーだったハドソンは今はもうないし、

(『ラミア1999』知ってる?)

確かに環境は大きく変化しています。

 

それでも、やっぱり『桃鉄』は帰ってきた!

 再び立ち上がり、その雄姿を見せてくれたのです。

 

そんな『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!』は、

いつも通りの『桃鉄』に、ほんのちょっぴり”メッセージ性”を

ちりばめたソフトとなっています。

 

「あれ」から、今日でちょうど6年の月日が流れました。

しかしながら、未だ日本は復興の道半ば。

少しずつ日常を取り戻せている方々もいれば、

あの日から刻(とき)が止まってしまった人たちもいます。

 

そんな日本よ、もう一度立ち上がれ。

本作にはそんな思いを込めてタイトルがつけられたといいます。

 

ゲームの題材にするなんて不謹慎だ!

そう声高に叫ぶ人もいるでしょう。

 

でも、ゲームというフィルターを通して、

東北などの被災地の現状を少しでも知っていれば、

何かの折に「そういえば……」と思い出すことだって

あるかもしれません。

 

「くだらない」と思う人は、ぜひ本作を遊んでみてください。

グレーの”震災駅”に止まって物件を買うことで、街が復興していくんです。

 

少しずつ東北が色鮮やかになっていくさまは、

本当に日本が元気になっていくみたいです。

ぶっちゃけ、無理してでも震災駅に止まろうとしてしまうほど。

(ゲーム性とは違う意味でやりがいがある、というか)

 

このあたりのゲームデザインはさすがだと思います。

 

古き良き時代のゲームを今作るとこうなります。

で、肝心のゲームはというと。

もう、これ以上ないくらい3DSっぽくない。(笑) 

別にDSでもよくない?みたいな。(笑) 

 

ただ、やっぱり細かい部分なんかはブラッシュアップされてる感じがします。

スリの銀二が男前になってたりとか。

あ、やっぱりスペックの無駄遣いだ。(笑)

 

ソフトひとつで対戦可能な親切設計♪

この『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!』では、

ソフト一本で対戦ができる仕様になっています。

(3年コースのみ・4人まで)

 

ただし、ソフト所持者以外は、

Nintendo eshopから対戦専用無料版を入手する必要があります。

お気をつけあそばせ。

 

おちゃらけたゲーム性の中に、きらりと光るメッセージ。

それを殊更に誇張しない潔さ。

桃鉄』は、どこまでいっても『桃鉄』でした。

 

桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!』:8点(10点満点)

★★★★★★★★

 

楽天市場」なら楽天スーパーポイントが使えます。


 

 

【新作情報】12年の時を超えてファイプロ完全復活!『Fire Pro Wrestling World』(PS4、PC)

アクション スポーツ 対戦

イエス! イエス! イエス! イエス!

(両人差し指を繰り返し天に突き上げるポーズ)

 

マイクを握って、

会場をぐるりと見渡してから一言。

 

「……帰ってきたぜ」

 

うおおおおおおおおおおお!!!

 

そうなんです!

遂に復活するのです!

 

↓これが!

 

www.spike-chunsoft.co.jp

 

いやあ、最近はプロレスブームが再燃してるから、

まさかとは思ったけど。

本当に復活するとはッ!

生きててよかった……(涙)

 

今の若い方には伝わりづらいかもしれませんが、

その昔、プロレスは本当に人気が凄まじかったんです。

 

金曜夜八時。

アントニオ猪木が、坂口征二が、タイガーマスクが躍動した時代。

藤波辰巳(当時)に格下だった長州力が嚙みついた”咬ませ犬”発言。

第一回IWGPリーグ戦で優勝したハルク・ホーガンが、その後の音楽番組にナマ登場。

”プロレス”が生活に根付いていた。

 

時は移り変わり。

プロレスは何度目かのブームを迎えては、いる。

 

ただ、誰も三冠王者宮原健斗を知らないし、

GHC王者の中島勝彦を知らない。

IWGPヘビー級チャンピオンのオカダ・カズチカや、

2016年G1覇者のケニー・オメガでさえ、

有名とはいいがたい。

 

そんな”プチ”ブームの折に『ファイプロ』最新作を出すなんて……

嬉しすぎるじゃあ~りませんか♪

 

さらに今作では、オンライン対戦以外にもまだ内緒のモードなどがあるそうです。

筆者は対戦よりマッチメイクモード(限られた予算の中で興行を組むモード)を

搭載希望です。

 

まだ発売まではもう少しかかるみたいだけど、

12年待ったんだから大丈夫。(笑)

いいゲームになることを期待しています。

 

ま、よくなくても買うんですけどね。(笑)

 

 

【ひとやすみ】お題スロット

お題スロット

お題「好きな調味料」

 

……そう来たか。

 

「マヨネーズ」って人、多いんだろうなあ。

 

いや、確かに筆者も好きですけどね、マヨ。

おにぎりはハムもしくはウインナーでマヨ入りがマストですから。

(「混ぜるわかめ」もおいしいけどね)

 

でも、たこ焼きに必ずマヨネーズかける風潮には抗いたい。(笑)

ソースか、少なくとも醤油でしょう。

 

ん?

醤油、おいしいよ。あっさりして。

たこの代わりにすじ肉とこんにゃくにするとなお良し。

 

あ、好きな調味料ね。

 

うーむ。

好きな調味料となると……やっぱり「塩」かしら。

 

岩塩、雪塩、粗塩……

特にてんぷらによく合いますよね。

(筆者は天つゆよりも塩派です)

 

ハンバーグなんかでも、焼きたてにソースじゃなく塩かけたら、

それはそれはおいしいですよ!

ぜひお試しくださいな。

 

あ、そこそこ書けたな。(笑)

たまにはお題スロットも悪くないね。