読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームのある風景。

へなちょこゲーマーによるゲームのレビュー、攻略情報、新作速報などを(できるだけ)毎日更新。PS4、PSVITA、3DS、Android、レトロゲームなどをノンジャンルでお届けします。

【レビュー】極まった武将プレイで中原の覇者となれ!『三國志13 with パワーアップキット』

シミュレーション 歴史

 

 

新要素”威名”システムが、いっそうプレイを面白くする!

コーエーテクモゲームスの『三國志13 with パワーアップキット』がついに発売となりました。

初代からプレイしているので……もう何年経つのやら(笑)

ちなみに、一番好きなのは「三國志2」だったりします。

Android版もスマホに入れてます。

 

で、翻って『三國志13 with パワーアップキット』ですが。

今回から加わった”威名(いめい)”システムがなかなか面白い。

 

この”威名”というのは”名乗り”のようなものでして。

たとえば、「商人」の”威名”をもつ武将がある条件をクリアすると「豪商」を名乗れるようになり、さらに一定条件クリアで「大商人」の”威名”を獲得できる、といった感じです。

 

「あの人は商人の○○だ」より「あの人は大商人の○○だ」のほうが、他者に与える印象は大きいですよね。

 なかなか興味深いシステムです。

 

画期的な「イベント編集機能」で新たなストーリーを紡ぎだそう

今作は「イベント編集機能」が加わったおかげで、史実や”演義”にはないまったく新しい物語を構築することが可能。

最大5人までの登場人物を設定できるので、「一人の女性を四人の男が取り合う」とか、「2人対2人のタッグマッチ+レフェリー1人」という構図だって作れちゃう。

 

孫策孫権の兄弟喧嘩、呂布関羽の果し合い、三顧の礼など、本当にあったことも歴史上の”IF”も、この「イベント編集機能」で思いのまま。

三國志の世界に思い入れがある方ほど、重用する機能といえそうです。

 

また、今作では絆を結んだ”同志”を訪問した際、養子(養女)を紹介され、夫婦にならないかと持ち掛けられる「結婚」イベントが発生することも。

筆者はまだ見ておりませんが、ひそかな楽しみではあります。(笑)

 

選べる武将は800名!  自力でのし上がるか? ”同志”と覇権を握るか?

そして、『三國志13 with パワーアップキット』では700名もの武将に加え、新たに100名の武将を追加。

そのすべての人生を”武将プレイ”で疑似体験することができます。

 

総合能力の高い関羽曹操などで覇を競うのか。

あえて在野の一武将となり、自力でのし上がってその名を轟かせるのか。

はたまた、自らは凡庸な武将となり、一芸に秀でた”同志”を数多く束ねて、絆で大陸を統一するのか。

 

この”武将プレイ”、筆者の記憶では確か『三國志7』から導入されたんだと思います。

最初は少々戸惑いましたが、これが慣れてくると面白い!

文字通り名もなき武将から軍師や太守に出世する達成感は、それまでの『三國志』シリーズでは味わえない快感でした。

 

今回、そこに前出の”威名”システムが加わって、よりいっそう武将の個性が際立つようになった『三國志13 with パワーアップキット』。

また眠れない夜が続きそうです……

 

 

楽天市場」なら楽天スーパーポイントが使えます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三國志13 with パワーアップキット PS4版
価格:8996円(税込、送料無料) (2017/2/17時点)

上はPS4版、下はWindows版です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三國志13 with パワーアップキット Windows版
価格:9012円(税込、送料無料) (2017/2/17時点)