読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームのある風景。

へなちょこゲーマーによるゲームのレビュー、攻略情報、新作速報などを(できるだけ)毎日更新。PS4、PSVITA、3DS、Android、レトロゲームなどをノンジャンルでお届けします。

【新作情報】機械獣が闊歩するオープンワールドを駆け巡れ!『HORIZON ZERO DAWN(ホライゾン ゼロ・ドーン)』(PS4)

 ひと味違うアクションRPGをお求めのあなたに

まず目を引くのは、その美しすぎる大自然。

そして、そこを闊歩する”機械獣”たち。

 

コンセプトアートを見た瞬間、ビビっときました。

これはすごいゲームだぞ、と。

 

ぶっちゃけた話を書いてしまうと、筆者はオープンワールドのゲームがあまり好みではありません。

それもそのはず、元来が『Wizardly』からの系譜である3Dダンジョン好きだから。

この前紹介した、

gameah.hatenadiary.jp

なんか典型ですね。

 

だから、自分がこんなにオープンワールドのゲームに興味を持つなんて思ってもみなかった。

不思議なもんです。

 

やはり、コンセプトアートの「違和感」に惹かれた気がする。

 

まるでロボット(それも動物型の)が動き回るさまは、一種異様。

なんで? なんで?

そんな疑問と好奇心が生まれた時点で、筆者の負けなのです。(笑)

 

これも”酔い”が少し気になるけど、たぶん発売日に購入します。

このごろ良作が多すぎて、一気にゲームが増えてきた……

 

『モンハン』とはまた違う立ち位置の”狩り”ゲー

未だストーリーの全容が見えないので何とも言えませんが。

謎に満ちた世界観は筆者好みです。

 

ひとつだけ確かなことは、この 『HORIZON ZERO DAWN』が”狩り”をするゲームだということ。

機械の獣(けもの、っつったって怪獣に近いくらいバカでかいけど(笑))を弓などの武器のほか、罠を仕掛けたりしてあの手この手でやっつけます。

 

また、ストーリーが進むと仲間にできる機械獣もいる模様。

このあたり、『モンスターハンター』シリーズの影響を受けつつも、ビジュアル面で圧倒的なオリジナリティを醸し出しています。

本当にプレイするのが楽しみ!

 

謎が謎呼ぶ衝撃のストーリー展開……かな?

丘の上に立つ主人公の女戦士アーロイ。

かすみそうなほどの彼方には、絶望的なほど巨大な機械獣がゆっくりと歩いている。

ジュラシックパーク』の機械獣版、みたいな。

 

本作は、人物の動きがかなり精巧に作られています。

意外に見落としがちですが、特に人間の「目」の動きがすごく自然。

このあたりの作りこみが足りないゲームだと、例えば振り返るシーンなんかでは、ムチ打ち患者みたいな動きになる。(笑)

そういうところひとつ取っても、丁寧に作られているゲームだということろが伝わってきます。

 

未だかつてない世界を我々に見せてくれそうな『HORIZON ZERO DAWN』。

7,452円(税込)で2017年3月2日に発売です。

 

楽天市場」なら楽天スーパーポイントが使えます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】SIE Horizon Zero Dawn 初回限定版【PS4】 PCJS53019 [PCJS53019]
価格:6150円(税込、送料無料) (2017/2/25時点)