読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームのある風景。

へなちょこゲーマーによるゲームのレビュー、攻略情報、新作速報などを(できるだけ)毎日更新。PS4、PSVITA、3DS、Android、レトロゲームなどをノンジャンルでお届けします。

【ソード・ワールド2.0リプレイ】強欲商人は冒険者に頼りがち(2)

 あなたは強さを求める派? こだわりを追及する派?

ソード・ワールド2.0リプレイ』の第二回です。

ってか、まだリプレイにもなってないような。(笑)

 

前回までの様子はこちらをご覧くださいまし。

 

gameah.hatenadiary.jp

 

 さて。

机もセッティングし、各々が持ち寄った筆記具も整ったところで。

いよいよPC(プレイヤーキャラクター)の作成です。

 

繰り返しになりますが、TRPGは「GMゲームマスターとプレイヤーが協力して物語を紡いでいくゲーム」。

つまり、PCをどう”仕込んでおくか”が重要になります。

 

ソード・ワールド2.0』の場合、ファイター(戦士)やソーサラー(魔術師)など、ファンタジー世界でおなじみの職業(クラス)に就くことができます。

その中でも、キャラクターの味付け(性格設定)でプレイ感はガラッと変わってきます。

 

例えば、勇猛果敢なファイターだけど虫に弱い(=虫系モンスターが苦手)とか、敬虔なプリースト(神官)だけど女好きとか、天才的な魔術師だけど偏屈で世間知らずとか。

そういう”味付け”にすると、能力以上に人間臭さが出るので、プレイしていて楽しいんじゃないかな。

困難は増えるだろうけど。(笑)

 

GMである筆者(蘭丸)は、各人にシートを一枚ずつ配布した。

  

蘭丸:はい、配るよ~。

謙太:おっ、なになに?

 

この日のためにExcelで作った”PCシート”である。

 

謙太:おお、けっこう本格的だね。

いけ:すごいすごい! これ、蘭丸が作ったの?

とも:へ~、なんか雰囲気出るね。こういうのがあると。

 

口々に感想をくださる冒険者ご一行様。

否応にも初TRPGに対する期待感が膨れ上がってしまいます。

 

さてさて。

それでは、いよいよキャラクターメイキングのお時間です。

各々、作りたいキャラクターをおぼろげながら考えてもらいました。

 

謙太:やっぱりこうバーッと戦いたいね。みんなを守る役目というか。

 

ふむふむ、謙太は肉弾戦を希望ね。

他が女の子ばかりだから、俺がやらなきゃ! とか思ってるんだろうか。

性格的にはセージ(学者・知識人)系かと思ったけど。

 

とも:私は魔法でバンバンやっつけたいわ!

 

ともちゃんはソーサラー(魔法使い)系ね。

ストレス溜まってるんだろうか。(笑)

 

いけ:わたしは戦うか、盗むかしたい。(笑)

 

おぉ、いけちゃんはルパン志望か。(笑)

場合によってはシーフだけでなくレンジャーも似合うかも。

 

マキ:私は何でもいいよー。あ、でも前で戦うのは避けたいかな。

 

ふむ、マキはやっぱり回復系かな。

マーファ(慈愛の神)のプリースト(神官)なんかぴったりだ。

意外にカギを握るのはマキかもな。

 

などなど、GMとしていろいろ考えを巡らせながらキャラメイク開始です。

 

ソード・ワールド2.0』では、キャラクターの能力値をダイス(サイコロ)を使って決めます。

例えば、「2D」とされていたら「ダイスを2個ふった合計値」を指します。

そうやって能力値を決めていくんですね。

 

んで、『ソード・ワールド2.0』はもうひとひねり加えてて。

実は本作、種族や生まれによって、基本となる”心・技・体”という数値が決まっているのです。(一部除く)

そこに、ダイスで決めた能力値を加算していくんですね。

 

例えば、「ドワーフ」の「戦士」生まれはこんな感じ。

 

技:4

体:11

心:5

 

これを、下記のダイスで決まった値に加算します。

 

器用度:14+技:4=修正後の器用度:18(ボーナス+3)

敏捷度:2+技:4=修正後の器用度:6(ボーナス+1)

筋力:6+体:11=修正後の器用度:17(ボーナス+2)

生命力:6+体:11=修正後の器用度:17(ボーナス+2)

知力:2+心:5=修正後の器用度:7(ボーナス+1)

精神力:13+体:5=修正後の器用度:18(ボーナス+3)

 

となります。

 

つまり、この例のキャラクターでいえば、

「手先も器用で腕力も強いけど少々アホ」

という感じです。

(人間の各平均値は14)

 

さらにいえば、このダイスが実は種族によって数が違うんです。

 

問えば、人間の器用度は2D(2個のダイスの合計値)です。

ですが、ドワーフ器用度は2D+6(2個のダイスの合計値+6)なのです。

これは、生来が彫物細工など小手先の技が得意なドワーフの気質を現した”修正”です。

(その代わり、知力が1D(ダイス1個)ですが(笑))

 

こんなふうに、キャラメイクひとつとっても我々を楽しませてくれる『ソード・ワールド2.0』ですが……

 

そのキャラメイクで、あの人がやらかしてしまいました。

まさかまさかの、”あること”を……

 

 

……(3)へ続く。

 

秋田みやびさんのリプレイにハズレなし!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新米女神の勇者たち(1) [ 秋田みやび ]
価格:626円(税込、送料無料) (2017/3/12時点)