読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームのある風景。

へなちょこゲーマーによるゲームのレビュー、攻略情報、新作速報などを(できるだけ)毎日更新。PS4、PSVITA、3DS、Android、レトロゲームなどをノンジャンルでお届けします。

【ゲーム論】悪魔のゲーム機『Nintendo Switch』。

前回までのお話。

 

ゲームのグラフィックはすごく進化ッ!

マジ美しすぎるッ!

 

その流れに一石を投じるマシンが現れたッ!

その名は『Nintendo Switch』ッ!

 

はい、ざっくり。

 

Nintendo Switch』発売日である、2017年3月3日。

ゲームファンのみならず、世間的にも一大イベントでした。

あらゆる場所でNintendo Switch』が話題に上り、ニュースで特集が組まれ、おせっかいなことに任天堂の業績予想まで。(笑)

 

ポケモンGO』のときも『スーパーマリオラン』のときもそうでしたが、良くも悪くも任天堂が動くとマスメディアは飛びつくのですね。

ま、話題に上らないと話にならないので、それはそれでいいことなのでしょう。

 

閑話休題

 

このNintendo Switch』という新しいハードウェア。

簡単に説明しますと……

 

タブレットのような本体をテレビにつながったドックに挿し込めば「テレビモード」で遊ぶことができ、

本体を背面スタンドで立てれば「テーブルモード」で複数人で遊べ、

さらに”Joy-Con”と呼ばれるコントローラを本体の左右にセットすれば「携帯モード」として持ち運んで遊べる。

 

ってな感じのマシンです。

 

つまり、据置ゲーム機と携帯ゲーム機の二つの枠割を一台でこなしてしまう。

夢のような、それでいて(ゲームから離れられないという意味では)悪魔のようなゲーム機です。(笑)

 

でね、これ大事なところなんですが。

 

Nintendo Switch』は、あくまでも”据置ゲーム機の体験を、携帯できる”ことが売りだと思うんです。

”携帯ゲーム機の体験をテレビでも”ではなく。

 

据置ゲームのクオリティはすごいことになってます。

 

【レビュー】圧倒的な映像美と深まる謎、そして狩り……どうにも止まらない!『HORIZON ZERO DAWN』(PS4) - ゲームのある風景。

風景に見とれたゲームは初めてです。

2017/03/04 09:33

 

↑これで実感しました。(笑)

 

 正直、Nintendo Switch』の性能はPS4には及ばないものの、

それでも制約の多いPSVITAなどの携帯ゲーム機に比べれば充分高性能。

 

そのクオリティを外に持ち出すことができるってんだから、地味にすごい話なんです。

(もちろん画面解像度は下がりますけどね)

 

で、この悪魔のゲーム機。(笑)

これからどういうことが起きるかというと。

 

ひとつは「プラットフォームレスになる」ということ。

 

「あ、このゲームは3DS出るけどWiiUでは出ないのか~」

というようなことが起こらなくなる。

 

つまり、開発側は”プラットフォームごとにマスターを作らずに済む”んです。

 

言い換えれば、

””プラットフォームの違いを気にせずにゲームを作ることができる”んですね。

 

今までは、「3DSだから2画面に特化して作らないと」とか、

WiiUだからすれちがい通信機能がつけられない」とか、

細かいことを気にしながら制作する必要がありました。

 

でも、これからはNintendo Switch』のことだけでいいんです。

ひとつのプラットフォームに集中して作れるんです。

 

開発側の負担も減って、コストダウンにつながり、さらにいいゲームを作る余裕も生まれます。

 

……この項、続く。

(次、書くまでに『Nintendo Switch』手に入ってるといいな(笑))